フィールド オブ パリーグ           -パ主義野球ブログ-

なが〜く愛してきたパ・リーグをゆる〜く語るブログ、フィルパリです。

【期待・寂しさ・活路】西武・日本ハム交換トレード【なるほど味が強い】

<
にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ
にほんブログ村 野球ブログへ

f:id:Stadienne:20210518203542j:plain

 

昨日、西武と日本ハムの間で、シーズン中異例の同一リーグ内交換トレードが発表されました。西武の選手は木村外野手・佐藤内野手、日本ハムは公文投手・平沼内野手。両チーム共に、実績十分なベテラン選手と1軍経験もして将来を嘱望された若手という組合せです。ファンにとっては人気も愛着もある選手達。どちらのファンも、驚いて寂しがる。でも、選手達の現状や両チームの事情を考えると、かなり整合性を感じさせるトレードです。整合性あり過ぎて少々戸惑う。


「ええ〜!彼出しちゃうの? そんなあ〜。寂しすぎる……。そりゃ最近の状態ではあり得なくなかったけど。でもこんな急に決まっちゃうなんてなあ……。まあ、五輪休みが長かったから、話合い期間は十分あったのか……。代わりに来る選手は……。あれ?彼くれるの?……うちの弱点に合うかも……いや、合う、な?……あれ?いいのほんとに?」

 

色々な思いが頭の中でぐるぐるしたかも。スタはなんというか、まずはチームの選手に対する思いやり、前向きな姿勢を感じました。本人は十分才能があるけれど、何かほんの少しの所で引っかかっている。その滞りの間に他の選手が複数伸びてきたので、もう簡単にはチャンスを与えづらくなってしまった。もったいないな、チャンスがあれば、きっかけがあれば、まだまだやれる可能性はあるんだけどな。「ほんの少しの所」は、同じ環境のままでは中々掴みきれないけれど、思い切り変われば一気に克服できそうでもある。ならば、来期などと言わず、一刻も早く可能性を開いた方がいい。

 

木村。1軍で十分な実績を残して優勝も経験しています。投手だった頃もすごく一生懸命やってる姿を見ました。でも、もうちょっとの所で何度も挫折してからの野手転向。センスや身体能力があるからこそ開花したとも言えますが、基本的に苦労人です。若い愛斗の実力が安定し、中々出場させられない。試合の機会を与えたいというフロントの思いが理解できます。今内情ガタガタなハムに行けば、真面目で実直で、土壇場では意外な大仕事もできる兄貴分として、若手を落ち着かせる役目もできそう。

佐藤。素質とセンスは十分。一度トラブルを起こしたことで、本人も周囲の目もすごく敏感になってしまったのでしょう。試合でも、いい結果に喜びきれず、ミスなどあればより尾を引きやすなっている。常に緊張している感じがする。もう少し心穏やかに野球に集中できる環境に行けば、変われる可能性は高いと思われます。

 

公文。いつもポーカーフェイスで黙々と投げるピッチャーです。彼はどこに行っても同じように仕事ができるタイプに見えます。左投げ中継ぎ投手が不足の西武に行けば、出番も増えることでしょう。打線の援護も多いチームだし、投手のやらかしに慣れている?所もあるので、少し気楽になるかもしれない(笑)。

 

平沼。去年の1軍出場時には元気で中々目立っていたのに、今年は影が薄かった。若手にチャンスが十分あるハムの中で、思うように行かずに混乱してしまっているかもしれません。西武の強く振れる打者に囲まれ、源田などの巧みな守備を目の当たりにするのはいい刺激となるでしょう。元々は元気者だし、カラーにハマるかもしれません。

 

今日は両チームで会見がありました。どの選手もユニが似合っている。

<西武>

平沼は鎌ヶ谷からで近いこともあってか、早速1軍に入れてもらえたようです。公文は2度目のトレードなので、落ち着き払っていましたね(笑)。平沼は終始緊張の表情でしたが、グラウンドでの挨拶の折には栗山が終始優しい笑顔で見守って、声を掛けてくれていましたから、すぐに溶け込めそうです。

www.youtube.com

 

<日本ハム>

木村のカルロス(愛称)度がハムユニで一段グレードアップしている(笑)。急なトレードに戸惑った感が両者の表情に溢れている。チームは九州だし、本当に実感を得て馴染むのはこれからですね。今トラブルに見舞われている事情も知っているだけに、言動や振る舞いへの気遣いも増すかと思いますが、遠慮なくいってほしいです。

www.youtube.com

  

近年のトレードは、本当の意味で選手にチャンスを与えるものが多くなり、とてもいい傾向に思えます。コロナで球団経営もやりくりが大変なので、新戦力の開拓の手段として、今後もトレードは増えていきそう。いずれにしても、選手が新たな活路を見出してくれるといいですね。