フィールド オブ パリーグ           -パ主義野球ブログ-

なが〜く愛してきたパ・リーグをゆる〜く語るブログです。

ゴーヤチャンプルーだった佐々木ロウキ一軍デビュー戦 〜苦味も美味しく味わえました〜

<
にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ
にほんブログ村 野球ブログへ

スタです。入団から1年。とうとうロウキ(ロッテ・佐々木朗希)1軍デビューを果たしました。こういう大物のデビュー戦て、本人が揺れるか周りが揺れるか、になることが多いけれど、今日は周りが揺れに揺れたようですね😅。そんな、ロウキの投球と、荻野、マーチン、トシ君、西武の選手などなどを振り返ってみました。

f:id:Stadienne:20210516204437j:plain

勝敗つかず。それでもロウキ本人は、「めっちゃ、ちゃんと育っとるじゃん!」と、ファンも解説者も安堵させる投げっぷり。打たれても失点してもエラーが出ても、取り乱すことなく、教わったことをきちんきちんとこなし、5イニングの責任を果たしました。

いやあ、えらい! 19歳のこの落ち着き!
去年の宮城とおんなじだなあ。ちょっとぐらいの失敗は、すっと受け入れて切り替えられる。
味方が点を取った時の、シャイな喜びようのかわいらしさもそっくりだ。
この子も心底しっかり者で、一つひとつ課題をきっちりクリアして、遠からずして本当の大物投手になるに違いない、と目を細める。

www.youtube.com

1軍の選手はコントロールが甘ければやすやすとうたれること。
走者を出せば、ぐいぐい走って来ること。
つけ入る隙を見せたら、試合の流れは簡単には止められないこと。
今日1日で、色々なことを覚えたでしょう。
どちらかといえばホロ苦デビューになるのでしょうけど、それもこれも彼の栄養になっていくんだなあ、と思えばむしろ美味しい苦さです。

本人は落ち着いていたけれど、この試合。
周りのお兄ちゃん達が大変なことになってましたねえ😅。
西武の選手も意識しまくり。
「関係ない」と言っていた先発平井のコントロールは乱れまくり、

www.sanspo.com

4番に据えられた山川は、解説の里ちゃん(里崎)に「力み過ぎ」と言われるスイング。
口には出せないけど、そりゃ意識しますよねえ。
年上の意地を見せたのは若林で、ロウキにとって記念すべきプレーボール後の一球目を空気読まずにヒットにしたあたり、このルーキーも只者ではありません。

ロッテでは、年上だけどロウキと同期の捕手・トシ君(ロッテ・佐藤都志也)が、もうリードで精一杯。盗塁阻止には手が回らず、ピンチの場面でパスボール(記録はWP)。やはり里ちゃんに「年上ですからね」と言われてしまいました💦。

www.youtube.com


でも、合い間に見せる爽やかな笑顔は、きっとロウキを落ち着かせたことでしょう。
スタも癒されましたです、はい。

そして、荻野アニキとマーチンアニキの男気ですよ❣️

ロウキのデビューを飾るんだって気概に溢れてましたね。
ホームラン打ってやるわ、ファインプレーしてやるわ、勝ち投手の権利を守ってやるわ、八面六臂の大活躍❣️
そのたび見せる笑顔が、これぞ大人の男の色気。うっとりさせてくれますわ、この二人は。

www.youtube.com

www.youtube.com

最後は井口監督の微妙なアピールで終わったのが象徴的な、書き切れないほどのアレやコレやがあっての引分け試合となりました。

大物デビューは、ホロ苦ゴーヤが入ったカオスなチャンプルーゲーム。
その美味しさを、スタはたっぷり味わわせていただきました。

※ロッテ公式動画を初期アップ後に追加動画

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

※にほんブログ村など登録しています。良かったらマーククリックしていただけると幸いです。