フィールド オブ パリーグ           -パ主義野球ブログ-

なが〜く愛してきたパ・リーグをゆる〜く語るブログです。

パファンのリーグ自慢癖についてのささやかな言い訳 — 狐ちゃうねん、○○やねん —

<
にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ
にほんブログ村 野球ブログへ

スタです! いよいよオープン戦が始まりましたね。いきなりホークスがドラゴンズ相手に強さを見せつけています。昨年のCSや日シリでの圧勝以来、ホークスの強さや、そればかりかパ・リーグの力量に言及する記事が激増しました。その現象に伴って目立ち出したのが、パファンのリーグ自慢コメントです。「こんなホークスとずっと闘わなくちゃいけなくてほんとに大変なんだからパは」「こんなホークスだって例年のリーグ戦は苦労するんだよ、どこも強いんだよパは」「千賀やギータだけじゃないよ、他のチームにもバケモンがゴロゴロいるんだよパは」etc。昔からあったことなんですが、なんせ昨年末はエサ(?)になる記事が多かった。食いつくパファンコメントも、神社の鳩か池の鯉かぐらい目立っちゃったかもしれません。こうなると、やはり反発する方も出てくるのがネットの常。

「なんだよ、圧倒的に強いって言えるのはソフトバンクだけだろ。それを他チームのことまで図に乗って自慢するなんて、まるで虎の威を借る狐だな!」

もちろん、どこにでも発生する、本当に他を見下した無礼な輩コメは論外ですが、そうでないものも、ちょっと自慢し過ぎと思われていそうで心配になります。お気持ちはお察しできる。うざいんだろーなー、上から目線に見えてるんだろーなー……。でも、ちょーっとお待ちください!(通販のお決まりコメの感じで)。昔からパを応援しているスタとしては、今のパファンがつい口を挟みたくなる気持ちもよくわかる。だから、ほんのちょっぴり言い訳したい。

皆さんは「獺祭(だっさい)」という言葉を聞かれたことがあるでしょう。お酒ですっかり有名になりました。獲物の魚を岸で並べる川獺(カワウソ) の様子が祭りの供物を捧げているように見えることを言い、転じて、調べ物をするのに本や資料を並べ広げている様の意味になったそうです。
パファンの自慢に見えるコメントも、本当は獺祭なのだとスタは思うのです。

昔に比べたら、パのファンの数も情報の量も大幅に増えて、スタはいつも「夢のように幸せだ」とうっとりします。が、最近のパファンにとっては、「まだまだだなあ」と思えるのかもしれません。有名になった一部の選手は取り上げられるけれど、伝えられてないことの方がずっと多いと感じている。パのチームや選手やプレーの数々がどんなに魅力的か、知らない人やわかっていない人が多すぎる。ああもっと知られてほしい、わかってほしい。そんな渇望が常にパファンの心の中にはあって、きっかけを見つけたとたん、つい情報提供したくなる。一種の推し活かもしれません、「これすごいと思いました? いやこれほんの一部!他にも山ほどあるんですよ!ほら、あれでしょ、これでしょ、えーと……とにかくまだまだあるんですよ、奥さん!」てな具合。とにかく次々と情報資料(コメント)を広げて見せたくなってしまう。

結論。ついつい自慢コメ(に見えてしまう情報提供)をしてしまうパファンとは?

狐ちゃうねん!川獺(カワウソ)やねん!

そうです、カワウソです。パファンコメのほとんどはカワウソ。コツメです。目をつぶってイメージしてみてください、はしゃぐコツメを。ほーら、まーるいお目々でこちらを見てますよー。可愛いですよー。(洗脳モード)

今月末にはもうシーズンが開幕します。どうぞ、ホークスやパが強いというような記事に、わらわらとパファンのリーグ自慢コメントが涌いているのを見かけたら、「チッ、また狐が虎の威を」と舌打ちする前に、思い直してみてください。
「あー、まーた広げ始めたよ、コツメのやつが」と。

【資料】
※大阪の水族館『海遊館』の、カワウソの獺祭についての飼育日記。(カワウソ写真あり) 

www.kaiyukan.com

 ※この記事はnoteで一度公開したものを移行したものです。