フィールド オブ パリーグ           -パ主義野球ブログ-

なが〜く愛してきたパ・リーグをゆる〜く語るブログ、フィルパリです。

【zuttoウォッチング】オリックス Tー岡田 の2022年 【悩み癖回避成るか?】

<
にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ
にほんブログ村 野球ブログへ

f:id:Stadienne:20220112163645j:plain

zuttoウォッチング

筆者のフェバリットプレーヤーを1年 ”ずっと” 追いかけてウォッチングします。
選手の折々の情報や感想をつどつどでちょい増し。1年後が楽しみですね!
最新のものが上になっていきますので、途中から見ても遡って振り返れます。

 

Tー岡田(オリックス)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

若い頃からウォッチしてきた、だ〜い好きな選手。
早くにホームラン王を取ってその後は苦労もたくさんありました。
不調で2軍暮らしが続いた2019年。
FAも噂されましたが、最終の1軍打席に入った時のファンの歓声で残留を決意。

【野球】T-岡田残留の裏にあった佐竹コーチのある提案/オピニオンD/デイリースポーツ online


その甲斐あって昨年は25年ぶりのリーグ優勝を味わえました(涙)。
チームの誰からも愛され、特に後輩からの慕われっぷりは半端ないTさん。
今年は日本一に向けて意欲満々ですよ。

オリックス・T-岡田「ホンマに優勝したかった」悔しい思い多かった16年【特別手記】/野球/デイリースポーツ online

※阪神御用達新聞デイリーさんにも、ひっそりとTのzuttoウォッチ記事が載り続けている。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

2021年オフ〜2022年1月

2022.1.12up

2021年オフ

元来がくそ真面目で、考え込んじゃうタイプのTさん。
優勝手記でも言っているけど、だめな時は寝られない。

バント失敗でも寝られない。

【野球】オリックス・T-岡田が寝られないくらい悔しかったこと/オピニオンD/デイリースポーツ online


寝られてない時は後輩がプレゼントくれても「興奮させんといて」ってなる。

www.youtube.com


リーグ戦前半、交流戦優勝には思いっきり貢献してた。
後半戦だって、逃しかけた優勝を再び手繰り寄せるホームランがあった。
でもやっぱり本人は納得してない。
だから、日本シリーズ敗退後6日目にして練習再開(打撃投手大嶋さんツイート)。

 

それから毎日毎日、大嶋さんのツイッターにはTさん登場。
練習の虫。
暮れも練習場が締まるギリギリまで通う。

オリックス・T-岡田 自身3度目30本狙う「とことん突き詰めないと」/野球/デイリースポーツ online

 

昔から誰より早くきて誰より遅くまで練習するタイプ。
シーズン中も公式動画BPBで、ラオウ(杉本)らTさん大好き後輩達に、


「めっちゃ早くから来て練習しとる」
「めっちゃアップしとる」
「けど、試合なると足動いとらんww」
「謝っとこ謝っとこ、Tさんすんませんでした!・・・謝ったら大丈夫や」

とか言われていたっけな。
後輩に謝られたら、甘えられたら、なんでもすぐ許しちゃう優しすぎるT。

2022年1月

年が明け、1月5日。
練習場が開くなり、彼はやっぱりいの一番に駆けつけている。

 

せっせと通い詰めて、1人黙々と練習を続けるT。
の、はずだけど、実を言えば周りはみんな、そっと彼をウォッチし続けていたりする。
2014年からの苦労を分かち合ってきた同級生のあだっちゃん(安達)。
Tさん好き過ぎて顔見るだけで何考えてるかわかっちゃう後輩のトライ(伏見)。
他の連中もみな見てるらしい。
少しばかりヒヤヒヤしながら。


その後ちょっとお休みはあったのかしらん?
とりあえず、みっちり練習はおとついも報告されたのでありました。


キャンプまで、彼は頑張り続けるでしょう。
ギリギリまでやってしまうのは性分だから、止まらんのです。
オフが短いからこそ感触を逃したくないに違いない。
紆余曲折は知り尽くしたTなので、何かあってもきっと対応するでしょう。
そう、まだ今年は始まったばかりです。


※記事公開以降の追加情報

美しいホームランを放つ大砲の左右の代表。
2人絡んだ姿は見たことがないけど、年下のTはやっぱり意識してるんだなあ。
実際はおかわり君2時間打ちっぱなしって記事は見つからないんですけどね😅。
でも、Tにとってのおかわり君は、目標にしたい敬意の対象なのでしょう。

 

 

 

 

 

2021年シーズンの主要記事

 

【BPBの愉悦】愛され先輩 T-岡田はクマのヴォイテクさんである【おすすめ】

2021年T-岡田と中田翔の現在地 〜2008から見てきた紆余曲折〜