フィールド オブ パリーグ           -パ主義野球ブログ-

なが〜く愛してきたパ・リーグをゆる〜く語るブログです。

『国民のおとうと ロウキ』 降臨す  〜佐々木朗希 実践初登板〜

<
にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ
にほんブログ村 野球ブログへ

スタです! 皆さん、ロウキ(ロッテ・佐々木朗希)の実践初登板ご覧になりましたね? スタも見ました。比較的素直ではないタチです。なのに、予想以上にぐっときました。ぐっと来た結果、タイトルに”国民”などとちょっぴり大袈裟になりました。ご容赦です。

f:id:Stadienne:20210507224719j:plain

ファンや解説者のコメントも、賛辞と安堵の言葉が並んでおり……どころか、OBユーチューバー草分けの #高木豊 なんて涙で言葉に詰まっちゃっている!もう、孫が歩いたのを見て泣いてしまうじいじ状態。スタはパテレで見ましたが、伝わってくるマリンの雰囲気が素敵でした。

最初に映ったロウキの姿は、ベンチの中。ひときわ背の高い彼が頭を垂れて、キャッチャー田村の言葉にうなづいています。生真面目なんだな。素直なんだろな。ブルペン前のキャッチボールは上ずることもなく、鋭い球が一直線に相手の胸元へ。

いや落ち着いてるじゃん、たいしたものだ。場内には、鈴を振るような #谷保さんのコール 。ケレン味は控え、できるだけ清らかに。そんな風に聞こえる響きです。きっと、君がエースになった時には、谷保さんが精一杯伸ばしたコールをしてくれるよ。「佐々木ローーーキーーー!」ってね。

そうしていよいよマウンドへ。実況アナのしみじみとした語り口。ブルペンに並ぶ投手仲間たちの祈るような背中。相手選手まで微笑んでいる。中日助っ人 #ビシエド 選手。ダルがゲーム動画でやたらビシエドと連呼してたっけ。打席に入った時からずっと温かい眼差しで、三振をコールされても最後まで楽しげで。高校野球の時から見ていたから応援したい、という記事がありました。優しい人だ。

短い時間でした。オープン戦のたった1イニング、プロで一流になるならごく当たり前の通過点。でも、全ての人の思いが一人の少年に注がれて、愛が溢れた時間でした。常であればちょっと厳しい意見も出そうなものだけど、そういう気持ちが「……ま、いいか」となだめられてしまうような雰囲気が満ちていました。

みんな心配だったんです。小さい頃から甲子園やプロを目標にして鍛え上げてきた選手とは違います。ロウキにとっては、突然襲った不幸を乗り越える暮らしの中で、一番の楽しみとして続けた野球。野望もなく、サラリーマンになると思っていたのに、気づいたら誰もが欲しくて得られぬほどの才能を授かっていて、あれよあれよという間にプロの道に進むことになった少年。そりゃ簡単じゃないです。

金魚鉢の中で立派な金魚になるつもりでいたのに、突然、君は金魚じゃない、クジラなんだよって、大海に泳ぎ出すことになったんですもの(よくわからん例え)。 マリーンズHP選手名鑑の「プロになるために一番頑張ったことは?」という項目に「孤独との戦い」と書いているロウキ。プロ入り後もその戦いは続いているでしょう。彼の心細さをみんなが察していたのです。ついてけないのかな、けがしたのかな、あーー、ほんとに大丈夫なの?!

 そんな中で、やっとお披露目となったプロ投手・ロウキは、ギフトの重さに負けてないこと、一歩一歩だけど前進していること、やるべき努力をちゃんとやってるってことを証明しました。初のホーム観衆を前にしての堂々とした振る舞いで、やっぱりスターだよ!と思わせてくれました。さらに、三者凡退に打ち取ってマウンドを降りる際、心から野球を楽しんでる笑顔も見せてくれました。これ以上、何を求める必要があるでしょう。一瞬で周りの人全てを「ああ良かったねえ、ほんとに良かった」と笑顔にさせたロウキ。

「あ、これは国民のおとうとですわ」
そう思いました。まあ、正確には「プロ野球ファンのおとうと」かもしれませんが。とにかく、比較的素直でないタチのスタでさえ、泣きそうになった。応援せずにはいられない。頑張ってほしい。

もちろんフォームなどはまだまだギクシャクしています。小粒になった感は、蝶になる前のサナギだから仕方ない。考えてみれば、ロウキほど本当に原石中の原石の選手を預かったことは、近年のプロ野球では無かったのではないかと思うのです。今の新人たちは、高卒選手でもトレーニング情報などに詳しく厳しい練習である程度まで鍛えられてから入団してきます。宝石で言えば、ある程度仕上げられたルース石。本物原石のロウキは、職人・吉井コーチがカットの仕方から考えて宝石に仕上げてくれるでしょう。

ロウキ・オデッセイ、今始まったばかりです。腰を据えて、長い目で見守りたいと思います。

                    ※こちらは noteから移行した記事となります。

 

 

 

【資料】引用

マリーンズサイト佐々木 朗希 選手名鑑2021  
マリーンズ広報・上野さんのツイートで名鑑概要を知りました。#上野大樹 さん、気迫溢れるいい投手でした。イケメンで、スタは旧ブログでも取り上げたことがあります。浴衣が似合いそうな選手の一人に挙げましたっけ。石橋さん動画のロッテ訪問の会、マスクだったのが残念だったなあ。

■【中日】ビシジマくんって誰? 朗希にエール「手が出なかった。応援したい」 
   ※ビシエドコメント 2020/3/12報知記事